[ 未分類 ]

あなたの真実 あなたの命 どう燃やしますか。

燃えている炎を見ていると、心がとても落ち着く。心の静寂が、心地よい。

炎は、人を惹きつける。

そして、炎はいつか消える。消えてしまう。灰になる。

真実は、そっといつも置かれている。

置かれているだけ。

あなたは、真実を見ないで、何を、この今に営むのか。

その真実は、突然目の前に現れる。

何の予測もなく、突然に。

炎を見るように諦観すると、その真実の蓋が開きはじめる。

一気に蓋を開けるのは、怖くて、本当に怖くて、だから、少しづつ少しづつ。

やっぱり、壊れてしまいそうだから、時々手を止め、それでも、開けないという選択肢はもうなくて。

だから、ゆっくり少しづつ開けるしかない。

そしたら、見えてきたんだ。

そのパンドラの箱には。

箱の中には、

とてつもないエネルギーの核が。真っ赤な強いとてつもないエネルギーの、マグマのような丸い形の、真っ赤なそれ。

それが入っていた。

自分には、とても扱えない。あまりに、エネルギーが強すぎて。

とても扱えないのに、それは自分の中にしっかり入っている。

それは、自分だけではない。

みんなに。

人間、一人一人に入っている。

そんな恐ろしく強大なエネルギーは、自分ではコントロールなど、到底無理だから。

だから、そっと ただ、置かれているだけなんだ。

真実と、その核は、ただ置かれているだけ。

私は、取り憑かれた。

その核のエネルギーに。

真実を知ってしまった。その核にも心を奪われてしまった。

その核をしっかりと凝視し、息を吹きかけ、そのエネルギーに身を委ねる。

身を委ねるには、内側へのエネルギーを、燃やしきらねばならない。内側。喪失感。絶望感。

それは、真実を直視しなければならない。

置いておきたいものを、しっかり直視し、燃やしきらねばならない。自然なこと。

燃やしきってはじめて。外へ

内側にエネルギーを消耗するのではなく、外側へ。外へ。燃やせ。

燃やせ。

そして、金銭や容姿に翻弄されるこの世界のベクトルとは、違う方へ、ただ流れていく自分をしっかり感じ。

その真実を、受け止める。

人。人。人。

あなたが。

全て教えてくれる。

私だけの聖域がつくられた。

だから、私は、燃やす。

燃やしきりたい。そして、真実に向き合い、身を委ねる。

突然の真実を。

その真実は、絶対に変わらない。誰にも変えられない。

変わらない法則。

自分は、自分で守る。

守りきって、燃やしきる。

あなたは、誰にもなれない。あなたはあなた。

あの人にはなれない。

全ての決定権は、あなたに委ねられた。



Reisui

秋田県在住 食べ歩きやギター 習字 英語
絵を描くこと ボランティア活動をしています
チャレンジ精神旺盛でいたい主婦です

コメントを送信する

メールアドレスが公開されることはありません。