どうか 愛という名の偽物に殺されないで

愛という名のついたその真っ赤な林檎なんてきれいな赤。真紅のその美しい林檎は。一体どんな味なのか。

そうだね。

かじってみても、どんな味か試しても いいかもしれないよ。と、誰かが囁き、愛という名のついたその真っ赤な林檎を、私に差し出した。

一口だけ。

一口だけほおばった。

これは、なんだ。なんて味なんだろう。

あれ。なにも考えられない。考えるのさえ、なんだかとても面倒くさいよ。

だから、考えるのをやめたんだ。

誰でもみんながみんな、主役になりたいこの世界。

この世界は、仮面舞踏会のようだ。私も、考えるのが面倒くさくて、みんな楽しそうで、きらびやかなこの世界の舞踏会で、

ただただまわるまわる。踊る踊る。

踊ってたら、きっと誰も傷つかないよね。

だから、あの冷たい視線を気にしながらも、ただただ踊るよ。

この舞踏会は、この世界は終わらない。終わらない舞踏会。

永遠に続く舞踏会。仮面を被った人達は、すまして気取って、ほくそ笑む。

冷たい視線を無視して、黒い部分を隠して、私は踊り続ける。

けれど、仮面の下の冷めた目を見ていたら、何か気になって。

引っかかる。

何か忘れているよ。

何か、大切なことを。

忘れてる。

あれ。なんだったかな。何か忘れてるんだ。なんだろう。なんだっけ。

私は、何かに気づいて、踊るのをやめたんだ。みんなが踊っている舞踏会で、ただひとり、立ち止まった。

 

冷たい視線は、私に集中して、踊りをやめた私は、押さえつけられそうになった。

ここにいてはいけない。逃げなきゃ。はやく。

偽物の舞踏会だって気づいたから。

偽りの自分に気づいたから。

この世界は、偽物。自分のこの手で、この世界をぶち壊す。

壊れたこの世界は、粉々に破片になって飛び散った。私も、宙に舞ってそして、下へ落ちるよ。だんだん落ちていく。落ちる。ずっと下へ。

落ちた場所は、沼だった。黒い沼だ。身動きも息もできないよ。

助けて。苦しいよ。なんでこんな目にあうのか。怒りがこみ上げて、憎いよ。

誰か、助けて。息ができない。

私は、泥まみれで沼から出られず、ただの生きるしかばねだよ。

向こうにかすかな光が見えるけれど。

とてつもなく遠くに見える。絶望的だ。だから、身動きが取れなくて、ここに沈んでいるんだ。ただ、沈んでることしか、もうできない。

悲しくて悔しくて、許せなくて。苦しいよ。誰もわかってくれないよ。

私は、生きるしかばねになったんだ。ただただ、絶望するしかないのか。

けれど。

こんなの嫌だ。嫌だよ。

 

絶対に。

忘れてしまった何かを、私。見つけないと。

探さないと。

やっぱりダメだ。ここにいちゃ。

必死に沼から少しずつ這い出した。全身泥まみれで。地面を這って、這って。

這ってでも進んだんだ。少しづつ。

とてつもなく遠くに見えるあの光を目指して。あそこに、探しものがきっとあるはずだ。

忘れている何かが。きっとあるのかもしれないって。

生きるしかばねになった私は。もう踏みつけられたって、何をされても全然平気だよ。

傷ついたりしない。

誰にも、止めることはできない。

あの光こそ、きっと私の探していたもの。

 

探しものは何ですか?探したいものは何ですか?

 

もう愛という名の偽物には、惑わされたりしない。

あの光が、私を包んでいてくれるから。

 

大丈夫。大丈夫だよ。

もう、戻らない。

大丈夫。

思い出したよ。自分のダンス。

自分だけのダンスを。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。