[ 未分類 ]

人生は本気遊び 時間をどう生きるか

子供達の部活動を盛り上げていきましょう!

という会に、はじめて参加してきた。

その日は、試合もあったため、遠くから駆けつけバタバタではあったが、無事コーチと一緒に、時間より早めに会場へ到着できた。

乾杯の挨拶をすることになっていて、遅れたら終わりの挨拶をしてもらいますからね!と、脅されていた為笑、まにあいホッとした。

ホッとしたのも束の間、会がはじまったが、はじめに校長先生、次に後援会会長さんの挨拶。その想いを受けての、私の乾杯の音頭。想いを受けて繋げられたように、自分では思っているけど、、、、。

各部の紹介や、想いも伝えられて、会は徐々に盛り上がりをみせ、とてもいい会に終わった。

もうすぐ、娘の部活動も終わってしまう。

中学の部活動は、やはり父兄の協力無くしてはうまく機能していかないし、父兄同士の連携が重要になる。

 

父兄が、一丸となってサポートしている部活動は、やはりチーム全体も伸びていく。父兄の時間を、子供達へのサポートの時間に使うのだから、その時間は貴重な時間であり、子供達も、そのことを感じているかいないかは、個人差はあるかもしれないが、そういったことを感謝している子供というのは、伸びていくように思う。

時間

後援会の方々は、自分で一から会社を経ちあげた社長さんたちだ。

秋田を盛り上げていく為に、楽しみながら時間を使っている。遊びに、本気でお金をかけている。本気で、人を応援している。

そして社長さんたちは、とにかく 時間 を気にしている。

時間を、楽しみに使う。これを強く意識している。会社の仕事も大切だ。でも、遊びを本気で遊ぶその本気遊びに、同調し、本気遊びの輪は広がっていく。そして、人を、人の輪を、秋田を盛り上げていくということへ繋がる。

 

人生は、本気遊び

他のことにお金を使う。もしかしたら、リスクになるかもしれない。でも、そんなリスクにも恐れず楽しめる。そんなパワーは、やはり人を引き寄せるし、いい運も、一緒に引き寄せる。配慮範囲の広い利他的な思考を持つ人は、自分の周りに盤石なネットワークをつくり、良い人間関係をずっと築いていけるのだ。

ちょっとリスクのあるほうが脳の報酬系が活発に動くそう。冒険の道を選んだほうが脳が喜び、良い結果の確率も上がる。

自分の利益。自分のことだけでない。

お金は出ていくが、楽しさは、人へと伝染し、自分の貴重な時間は、輝き出す。お金には変えられない、とても輝ける財産の時間。お金も時間も、自分の使いようだ。

時間も輝き出すと、お金も回りだす。筋肉と血液のように。

 

サッカーの中田英寿さんも、遊びは楽しい。遊びも一生懸命やるから仕事になる。遊びも仕事も一生懸命やるから楽しい。と、話されていた。

そんな自分軸を持っている社長さんたちの共通点は、

自分で自分を大切にする
自分の価値観で自分なりの幸せを追求する
自分の尺度で生きている
幸せのものさしをもち、それを持ち続ける努力を、楽しんでやっている
自分の好みを大事にする
正しいかどうかより、面白そうかどうかで決めている
とにかく行動。動く。体を動かす。脳よりも体の方が大切で、体にひっぱられる形で脳も活性化してくる
チャレンジする。脳は飽きっぽい。脳に常に新しい刺激を与え、報酬系が刺激されドーパミンが出る。また、次のチャレンジへと。脳が喜びそうな新しい刺激を求める
そして一番感じたこと。それは、とても良いこととは言えない、マイナスな出来事をしっかりと受け入れているということ。決して簡単ではない    受け入れる努力    をして、そこからどうするか真剣に必死に考えてこの状況を、どう生かしていくかを考えている。ということ

社長さんの、元気をもっともっと大きな輪に。大きな波になって秋田が盛り上がっていくことを期待し。そして、私もパワーをいただけたことに感謝し、私なりの楽しさを追求していく。

人々のつながりに、生かされている

燃えなければ光はない

天使の羽音

http://www.tensinohaoto.com/


Reisui

秋田県在住 食べ歩きやギター 習字 英語
絵を描くこと ボランティア活動をしています
チャレンジ精神旺盛でいたい主婦です

コメントを送信する

メールアドレスが公開されることはありません。