[ 子育て ]

子育ての正解は、自分スタイルで

子育て支援。

小さい子供と親の、バス遠足。さくらんぼ狩りやいちご狩り。工場をまわったり、ある時は、アンパンマンやドキンちゃんの着ぐるみがでてくるショーがあったり。

子育て支援の、お手伝いさせてもらっていた時、

若いお母さんたちとのおしゃべりや、子供たちの笑顔を見ると、最高に癒され、3人の子育て、ちょっとひと段落。

の、私にとって子育て支援での交流は、楽しいひとときであった。

この対応でいいのかという支援の難しさは別として。

アンケートに、「スッタフが、神対応でした。楽しかったです」なんて書かれてたりすると、涙が出そうになるくらいうれしかった。

親が楽しんでいると、子供も、めいっぱい楽しい。

子供も親もいっしょに楽しい。そんな空間は、とても居心地がよく、ハッピー空間。

 

いいかげんが好い加減

 

子育ては、自分と子供。狭い中にいるような、小さい時にはとくに、自分と子供だけ、狭い空間に押しいられたような。孤立したような意識になることがある。

社会から孤立したような。働いていたお母さんならなおさら。

終わることのない子育てが、勝手に進んでいく中で、

「お母さん」と言う、大役をこなしていかなければというプレッシャーも、知らぬ間に心を重くしている場合がある。

 

子育てって、大変。

だけど、その分やっぱり楽しいこともあり。半分半分。

 

半々だけど、自分に余裕がないと、その半分の楽しいこと。笑えることに気づけなかったりする。

疲れやすかったり、イライラが続いたり、

バランスが崩れてると感じたら、周りに頼ったって、全然いい。

お母さんは、大役なんかじゃない。子育ては、お母さんだけが頑張るものじゃない。

だから、周りに頼ったっていいし、子育ては、親もいっしょに育っていくもの。

子育てのおかげで、自分も成長していけるもの。

完璧な子育てって、ないから。

まずは、

頑張りすぎてないかな。って

自分に気づいてあげるのも自分。

自分をいたわってあげるのも自分。

まずは、自分で自分を大事に。

 

 

子育て支援のように、人との出会える場は、子育てにとって大切。

私も、子育ては、親も親戚もそばにいなかったので、誰にも頼れない不安はあったけれど、同じ年頃の子供をもつお母さんたちに支えてもらい、今がある。

大変だったけれど、大変な時期の子育て真っ只中のお母さんたちといると、自分も自然に頑張れる。そして、いっしょに息抜きだってする。

たまには、いいよね〜。と、言いながら。

 

それができたら、バランスが取れてる子育てがきっとできる。叱ったり、笑ったり。そんな喜怒哀楽の素敵なお母さんに。

そんなお母さんと一緒の子供も、きっと泣いたり、笑ったり、コロコロ表情豊かな子供に。

今しかない時間。

もっともっと子育て楽しんでおけばよかったな。

いや、楽しんだほうなのかな。

比べるものがないから、わからないけれど。

 

お母さんしかいないのーーーって、頼ってくれる、自分を必要としてくれるそんな贅沢な人生の中では、一瞬の、かけがえのない時間。

を、苦にするのも自分。楽にするのも自分。

 

だから、絶対に無理なんてしない。自分のペースでいい。

いいかげんが好い加減。

自分スタイルで、子育ては楽しんだもん勝ち。

 

いいですか
いくらのろくてもかまいませんよ
たいせつなことはね   いくらでも前をむいて
自分の足で自分の道を歩くことですよ

みつを

 

 

 

 

 

 


Reisui

秋田県在住 食べ歩きやギター 習字 英語
絵を描くこと ボランティア活動をしています
チャレンジ精神旺盛でいたい主婦です

コメントを送信する

メールアドレスが公開されることはありません。