[ 美容 ]

美意識は、自分を大事にすること 人は見た目が9割?!

女なら、誰しも美しくなりたいと思う。

年齢関係なく、朝 鏡を見て、お肌の調子がいいとやっぱり嬉しい。食べて、美白に効果がありそうな食材。

我が家は、毎年この時期になると必ず食べるのが

食用菊

色鮮やか。去年は、黄色い菊をいただいた。

今年は、赤紫色。

 

菊は、花芯と花びらを分ける。

 茹で方

● たっぷりお酢を入れて茹でる。

● 酢を入れることで、茶色になるのを防ぐ。

● 大量に茹でる場合は、浮いてくるので、網に入れると茹でやすい。

ポン酢か、お醤油で、お刺身風にいただく。

ちょっとほろ苦く、風味と食感がたまらない。

 

食用菊の効能

食用菊には、ビタミンやミネラルの含有量が多いことが明らかになりました。なかでも特に、代謝をアップさせるビタミンB群やβカロチン、ビタミンCなどの抗酸化作用の高い栄養素が豊富に含まれていることからアンチエイジングにも効果が期待できることが分かります。

そのほか最近では、グルタチオンの産生を高めることが分かってきました。グルタチオンとは細胞に含まれる物質で、解毒作用のほかメラニンの生成を抑える効果があるので、白くて美しいお肌へのサポートをしてくれます。

 

内側からのアプローチで、私の肌もピチピチになってくれないかしら。

この時は、30代後半のお肌。

40代になり、お肌にも変化が。

周りの環境に、敏感になってくるお肌。

私の肌を、スコープでみてみると

なんとキメが

ない

 

全くキメがないんです。

店員さん 「キメがないから、水分が入っていかないの。赤みがあって、炎症もありますね。敏感肌だから、その年齢にあった洗顔をして、化粧水や化粧品をつかうべきですよ」

とのこと。

キメがない。というのは、ちょっと衝撃的でした。

ようするに、私は、

キメのないビニールのようなお肌。

一見トラブルがないように見える肌ですが、完全なる敏感肌。

いくら、化粧水をたっぷりつけても、入っていかないのであれば意味がない。

ビニール肌は角質が薄くなっているので肌がツルツルしていて、一見綺麗に見えます。しかしよく見ると肌のキメはなく、所々赤みを帯びている人もいるでしょう。また角質層が剥がれているため肌バリア機能が低く、化粧水などの保存料や添加物がしみることがあります。さらに角質層が剥がれることで乾燥が進行し、肌が突っ張り、小じわが多くなることもあります。しかし逆にその乾燥を防ごうと皮脂の分泌が過剰になり、ニキビが増えることもあるのです。

まさに、そのまんま私だ。

敏感肌という意識も、測定してもらうまで全くなかった。

肌は、強い。と、なんの根拠もない思い込み。

ゴシゴシ洗い、ケアをしない。で、肌を酷使。

痛めつけていたなんて。

反省です。

いきつけの美容院の店員さんに怒られた。

日常忙しくしていると、つい自分のことなんて二の次で、髪のケアもおろそかになりがち。

けれど、たまに行く美容院は、まさに私の中で、癒し空間。

ストレスフリーのくつろぎ空間。

人に髪を切ってもらう。洗ってもらう。肩まで揉みほぐしてくれる。コーヒーまで出てきて。

やってもらうってことだけで、癒されるのに、自分に合う髪型、ヘアカラーに変えてもらえ、気持ちもさっぱり軽くなる。

女性は髪の先端にストレスが溜まりやすく、日常ではとりきれないネガティブなエネルギーを抱えてしまいます。カットすることでそれが軽くなるので、ポジティブに意識が明るくなり、それにより全体的な運気も好転していくのです。

 

こんな状態にしてくれる美容師という仕事って、素敵だな。と、最近思う。

その美容師さんに、

「つい、トリートメント忘れちゃうんだよね。」

「それはないですよ。トリートメントは、大事ですよ。」

もう信じられない。というニュアンスで言われてしまった。

そのとうりで、自分に対してのケアも、

自分を大事にしているか。

ということになる。

二の次にできればラクだけど、自分を大事にできなければ、人のことも大事にできない。

そういう面で、やっぱり見た目は大事。目や鼻の作りは、整形以外どうにもならないけど

自分の心持ちが、見た目に出るよう、ケアも大事にしていきたい。

美意識に過敏になり、高める必要はない。

歳をとれば、シワもできるし、たるみもでる。自然なことと捉え、自分なりの自分大事ケアは、しっかりしていきたい。

外見は内面をあらわす。

 

小さい子供のいるお母さんで、派手すぎない化粧、服装をしる。いつも清潔感のある若いお母さんは、とっても印象がいい。

そんな素敵な良いところは、マネしないてはない。

 

 

肌や髪、自分の一部。間違った思い込みや、自分を二の次にして大事にしないのは、自分がかわいそう。

 

目を少し向けていくことからはじめよう。

 

 

 

 

 

 


Reisui

秋田県在住 食べ歩きやギター 習字 英語
絵を描くこと ボランティア活動をしています
チャレンジ精神旺盛でいたい主婦です

1 コメント

  1. ご訪問ありがとうございます。

    人間としての男女同権は当たり前すぎるほど当たり前の時代です。

    でも生物学的には男と女のアタマ、頭脳の造りには微妙な違いがあるようです。

    そもそも「性」の構造が違うのだから男と女の頭脳の作りも違っていて当たり前なのだと思います。

    今日拝読したお肌の事についての感覚は男には理解しにくい世界だと思います。もっとも近年の若い人で草食系男子には女子と同じような感覚の持ち主がいるようですが。

    でも「外見は内面を表す」という真実は理解できます。
    人の内面とは、肉体、身体の事もありますが、こころ、精神面の事でもありますからね。

コメントを送信する

メールアドレスが公開されることはありません。