許せないという暴力

 

世の中、便利になればなるほど、自分の思いどうりにいくことがあたりまえで、スムーズにいかないことに、過度のストレスを感じやすくなる。

あたりまえだったものが、あたりまえでなくなる。こうあるべきものが、こうならない。

それは、不満であり、不安であり、恐れとなり、時には怒りという憎しみへと変わる場合がある。

正しいことをしないのは許せない。という正義のベールをかぶせる。不安や怒り、自己防衛を正義に置き換えてしまう。

 

どんなに自分が正しいと思うことでも、その正しさが時に許せないという暴力に変わることがある。

間違いを、わたしが、きちんと正さなければいけない。

自分ではそう意識していなくても、自分が感じた嫌な感覚を、相手にも与えていたなら。

やったら、やり返すということにならないだろうか。

裁く。

自分が裁かずにはいられない。

そんな思いに囚われてしまうと、いつまでも同じ土俵での戦いとなってしまう。

正しいと思っていた正義が、いつのまにか、やられたらやり返すになっていて、どちらが、正しいもなくなってしまう。

 

生後まもない赤ちゃんでも、善悪を判断できるのか。

という実験で

生まれつき善悪の観念一部の感覚はもっているようだ。

と結論づけた。

白紙で生まれてくるのではない、もう正義の心を持って生まれてくる人間。

 

正義は、仏の心。

みんな、人間の中には、仏がいる。

でも、その正義が悪に変わる場合があるのではないか。

 

 

許せないという暴力は、なににもならない。そこへ執着して、自分自身を不快にさせ、相手もさせ、それを繰り返しても、良い方向にいかないのであれば、見切りをつけて手放した方が良い。

NHKスペシャル 人体 神秘の巨大ネットワーク

体の臓器同士が会話をし、命と健康を支えている。巨大な情報ネットワーク。

「脳や心臓が人体の中心」なんて考え方は、もう捨てよう。
 あなたは知っているだろうか?
 体の中で、あらゆる臓器や細胞が、まるでにぎやかに会話するように、
 ダイナミックな情報交換を繰り広げていることを。
 それはまさに、人体という名の「巨大な情報ネットワーク」。
 いま、あなたの体内で交わされている、臓器たちの熱い会話が、
 あなたの命を、健康を、支えているのだ。

 

人体という小宇宙。

この番組の、人体ネットワーク。細胞が細胞へ情報を送る。

細胞にある情報物質。数百種類のメッセージ物質。

そうやって、臓器が、お互いに情報のやり取りを緻密に行っている。

 

また、メッセージ物質が作られすぎたり、必要なメッセージ物質が届かなかったり、時には間違った対話をしてしまう場合がある。

間違ったメッセージのやり取りによって起こる体の病気。

 

 

謎のメッセージ。

免疫細胞が、敵がいるぞ‼︎と、間違った警告のメッセージ物質を出してしまい、仲間たちがそれを受けとり、拡散して、敵などいないのに、身体の中で大炎上状態になって病気になってしまう。

本当は、敵なんていないのに、間違ったデマの情報により、体がおかしくなってしまうというのだ。

 

 

人間関係でのいじめも、いじめられなくてもいい人が、なんらかの間違った情報により、悪者だ。敵だ。それがみんなに広まっていき、最悪な事態にまでなってしまうことがある。

ネット上での大炎上もそうだ。

情報による判断で、人の思いは、同調し拡散して大きなうねりとなる。

物事の成否を決めるのかは、行動ではなく、情報である。

現代のこの情報社会。間違った情報ではないか。をしっかりと見つめることは大切だ。

そして、許せないという暴力にも、気づく勇気をもちたい。

間違った情報は、ただただ人を不安にさせ、危機を煽られパニックになるだけ。攻撃せずにいられない状況に陥る。

 

少ない情報の中から、それを鵜呑みにして、すぐに、敵というレッテルを張ってはいないか。

悪い人間なんていない。

レッテルをすぐに張らない情報に溺れない。そんな余裕を持てたら。

みんな、人間の中には、仏がいる。

 

因果応報

人はよい行いをすればよい報いがあり、悪い行いをすれば悪い報いがあるということ。▽もと仏教語。行為の善悪に応じて、その報いがあること。現在では悪いほうに用いられることが多い。「因」は因縁の意で、原因のこと。「果」は果報の意で、原因によって生じた結果や報いのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。