鬼と小鬼

埋もれているものがある。

あれは

埋もれてもう見えなくなる。見えなくなると思っているだけで、

ふわふわとした異質な空間に漂うその残像は、決して消えることはなく、常に追いついてくる。振りはらっても振りはらっても、ぴたりと張り付き、そこへ漂わせる。風の精霊は、そっぽを向く。

それを消すかのように、全力で。滑稽なくらい必死で、道化師のように振る舞い、隠れたその表情は、鉛の仮面のようだ。

異様なその行動は、犬が靴をはいているようなもの。滑稽としか言いようがない。知らず知らずにそれは、道化師ではなく、恐ろしい鬼へと変貌し始めた。

鬼は、侵食する。

静かに。

とても静かに。

蜘蛛の巣にかかった虫は、パタパタと羽根を動かすだけ。

毒で、麻痺する。

蜘蛛の毒のように、じわじわと見なくてはいけないものを、見えなくし、どうでもいい無意味な行動へとかきたてる。

罠にかかることもかけることも、その毒で、もうわからない。

 

 

鬼は、それでも

ある時気がついて

異様なことに気がついて

道化師だったことに気がついて

そこから抜け出すにはどうしたらいい。

まず、埋もれているものを掘り起こさなくては。

深く

どうしてこんなに深く埋めたのか。

小鬼がこちらを見て怯えている。なぜ怯える?

そうか、私は道化師ではない鬼だものな。鬼が、ものすごい形相で穴を掘っていたら、怯えるだろうな。

ようやく埋めていたものが見えてきた。

掘り起こしたそのうごめく生臭い悪臭を放つその黒い物。

見ているだけで吐き気がする。醜すぎて腹が立ってくる。腹が立って、なぜか悔しくて、情けなくて、許せなくて、苦しくて、悲しくて。

鬼の目には、大粒の涙。わんわん泣きながら、その黒い醜いものを一握りでチカラを込めて握りつぶした。

小鬼は、心配そうに見ている。

「私は、本当は鬼になりたいんじゃないんだ。」

鬼は、ポツリと呟く。

さっきまで怯えていた小鬼が、言った。

「掘り起こし、それを壊したなら、もう鬼ではないよ」

もう鬼ではない。

壊れたなら、もう鬼でいる必要もないのか。

 

 

なんと簡単なことを。なぜしなかったのか。

壊したのだから、それでいい。

そうか。ただただ、生きるだけでいい。

そのままで。

もう鬼ではない。なんて心が軽いんだろう。

そうだ。

日向で体があたたかくなったら

次は、木々の射し込む光を見に行こう。

黄金の田畑に吹く風を感じよう。

沢のキラキラした冷たい水を飲みに行こう。

夜には、星のような蛍を見に行こう。

 

鬼でいる必要はない。

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。