鬼と小鬼

埋もれているものがある。

あれは

埋もれてもう見えなくなる。見えなくなると思っているだけで、

ふわふわとした異質な空間に漂うその残像は、決して消えることはなく、常に追いついてくる。振りはらっても振りはらっても、ぴたりと張り付き、そこへ漂わせる。風の精霊は、そっぽを向く。

それを消すかのように、全力で。滑稽なくらい必死で、道化師のように振る舞い、隠れたその表情は、鉛の仮面のようだ。

異様なその行動は、犬が靴をはいているようなもの。滑稽としか言いようがない。知らず知らずにそれは、道化師ではなく、恐ろしい鬼へと変貌し始めた。

鬼は、侵食する。

静かに。

とても静かに。

蜘蛛の巣にかかった虫は、パタパタと羽根を動かすだけ。

毒で、麻痺する。

蜘蛛の毒のように、じわじわと見なくてはいけないものを、見えなくし、どうでもいい無意味な行動へとかきたてる。

罠にかかることもかけることも、その毒で、もうわからない。

 

 

鬼は、それでも

ある時気がついて

異様なことに気がついて

道化師だったことに気がついて

そこから抜け出すにはどうしたらいい。

まず、埋もれているものを掘り起こさなくては。

深く

どうしてこんなに深く埋めたのか。

小鬼がこちらを見て怯えている。なぜ怯える?

そうか、私は道化師ではない鬼だものな。鬼が、ものすごい形相で穴を掘っていたら、怯えるだろうな。

ようやく埋めていたものが見えてきた。

掘り起こしたそのうごめく生臭い悪臭を放つその黒い物。

見ているだけで吐き気がする。醜すぎて腹が立ってくる。腹が立って、なぜか悔しくて、情けなくて、許せなくて、苦しくて、悲しくて。

鬼の目には、大粒の涙。わんわん泣きながら、その黒い醜いものを一握りでチカラを込めて握りつぶした。

小鬼は、心配そうに見ている。

「私は、本当は鬼になりたいんじゃないんだ。」

鬼は、ポツリと呟く。

さっきまで怯えていた小鬼が、言った。

「掘り起こし、それを壊したなら、もう鬼ではないよ」

もう鬼ではない。

壊れたなら、もう鬼でいる必要もないのか。

 

 

なんと簡単なことを。なぜしなかったのか。

壊したのだから、それでいい。

そうか。ただただ、生きるだけでいい。

そのままで。

もう鬼ではない。なんて心が軽いんだろう。

そうだ。

日向で体があたたかくなったら

次は、木々の射し込む光を見に行こう。

黄金の田畑に吹く風を感じよう。

沢のキラキラした冷たい水を飲みに行こう。

夜には、星のような蛍を見に行こう。

 

鬼でいる必要はない。

 

 

 

蝉の一生 生ききるしかない

頑固

この頑固は、一番たちが悪い。

自分の考えを曲げられない人。自己愛が強い。自分の非を認めない。プライドが高い。人のせいにする。

頑固にも、筋道の通った頑固と、こうあるべきの頑固、自分がかわいいだけの頑固。

同じ頑固でも、

自分をみつめず、考えず、逃げて、問題に直視しようとしない頑固は、もう成長をやめたということ。

頑固な自分を認めて、そんな私を許します。と、自分を改める事は、そんな頑固ものにとっては、とても難しいこと。

この頑固

自分を愛さなければ。の自分に対しての執着で起こる。

男女間でも、両者喧嘩して相手に執着するから苦しい。どちらが正しいか。になるが、それも要するに自分に執着しているのだ。自分は、正しいのに、相手はわかってくれない。自分は、自分は、自分は。

と。

そうならば、すぐさまにでも、そのことを手放せばいい。相手はこうなのか。自分は違う考えだな。と、相手を認めた上で、自分の方が正しいを、手放してしまえばいい。

かといって、自分の軸をぶらしてもいいということではなく、自分も成長しているからこそ、自分をみつめながら、執着を手放す。

手放せなければ、ずっとお互いが苦しみあうことになる。相手に執着しているようで、自分に執着の過酷な旅になってしまうのだ。

わかってくれない考えの違う相手に執着するよりも、人が幸せになることに執着していたほうが、ずっと心穏やかに、幸せ。なんの苦しみも存在しなくなる。

悪魔をつくるもつくらないも、自分次第。

蝉の一生

虫や、植物、動物たちは、この世に生まれてきたことに感謝し、愛を感じて一生を精一杯生きている。

感謝しています。愛しています。と、想っているという意味ではなく、生きる。という壮大な愛を盲目的に受け止め、生を全うする。生を全うすることだけに、精一杯な虫や動物たち。

それこそが、最高の愛のカタチ。

勝手に息が吸えて、勝手に手や足が動く。勝手に目覚めて、勝手に眠くなる。勝手に声が出る。勝手に元気になって。勝手に感動したりする。勝手にうまくなってたり。

虫や動物たちは、もっとこうしてほしいなんてことは思わない。生を与えられたのだから、ただ、ただ、生を愛を全うすることだけに注力する。

人間も、勝手にできていることに、最高の愛に。もっと目を向けてもいいのではないのか。

そしたら、自分に執着なんてしなくなる。

生きてるだけで丸儲け。

あなたが、この世に存在しているだけで、それはもう、愛のカタチ。

愛のカタチの人、人、人。

人の絆や、つながりは、自分の考え次第で、いくらだって築いていける。

最近、また、新たな人との出会いがあった。

販売のことで、養護学校さんとコンタクトをとらせていただいた。

見学に来てほしいと呼んでくださり、見学させてもらった。

ガラスに絵や文字を写す製作を、子供達は、一つひとつの工程。暑い作業部屋で、丁寧に、集中して行っており、それにまず関心した。

そして、先生たちの、一人ひとりの障害の状態や、発達段階に応じ、子供達が社会参加の基礎となる「働く力」を育てるためのアイデアや、試みを教えていただいたが、先生のアイデアにも脱帽した。

利益を出すことが目的ではなく、子供達が、地域や企業と連携して経験値を上げていくという取り組みに、人との絆、つながりを改めて強く感じることができた。

子供達から、元気を!!と、楽しみに見学へ行ったが、それ以上に得ることが多く、そんな時間を与えてくださった養護学校の先生に、深く感謝し、これから切れることのない大切なご縁にして、これからの活動を進めて行こうと思う。

 

蝉の一生。

土から出てきてからは、短い命。けれど、時間は有限だからこそ、精一杯の生き方をしていきたい。

蝉のように。精一杯。

どこへ注力するかで、人生は決まる。