絵本の読み聞かせで、脳を元気に

子供はこどもではない。子供はおとなではない。 汚れのない眼鏡を持ち、世界を知りたいという好奇心をむねに、考える頭を持つ 小さいからだの哲学者です。 

中島 芭旺

   

10歳の哲学者。ばお君のことば。

 

読み聞かせボランティア

月一で、小学校の絵本の読み聞かせをして、2年目になるが、

絵本を見る子供たちのまなざしは、キラッキラしていて、そんなまなざしを向けられてしまうと、読み聞かせは、ちょっとやめられない。

何十年も、やっている人もいて、「毎回、私が楽しみで来てるんだよ」とおっしゃって、年期の入った絵本をペラペラと、めくっていた。

その本は、くたびれてるようにみえるけれど、その分、子供たちのまなざしを、キラキラに輝かせてきたんだろうな。

子供たちが、イメージ、想像力がふくらむ絵本をチョイスする。

思いついたことを、ストレートに思いついたまま、答えてくれる。友達の考えに、驚いたり、自分の考えが正解して喜んだり、間違えても、なるほどーーと、感心したり。

周りの明るさと人間の心はリンクしていて
周りの景色もリンクしている。
だから実際にそこに無いものでも見える。
この力。
要するに想像力を働かせると、見たいものが見れるんだ。   中島 芭旺

 

想像力。創造力。

人が社会に出た時に、必要不可欠な力。

想像力、創造力から、生み出されるもの。つくられるもの。奏でるもの。

 

この想像力、創造力を鍛えるのは、やっぱり、楽しむこと。

脳が刺激されるような最強楽しいこと。

読み聞かせの時に、授業が始まってしまうのに、もっともっと

もっと読んでーーーーーー。と、子供たち。

絵本は、子供たちの楽しいって感情を揺さぶり、脳に刺激を与える。

絵本は、最強なのかもしれないな。

おおきな木     

著 シェル・シルヴァスタイン         訳   村上 春樹

 

多くの人々に、愛される絵本     世界的ロングセラー。

原作の題名は The  giving   tree 与える木

内容は、与え続ける木と、受け取る少年のお話。

 

 

読んでいる人が、まずどう感じるか。それも、受け取り方は、さまざまなんだろうな。

国民性の差が表れるというこの絵本の捉え方。

 

無償の愛が、テーマか、幸せがテーマか。

最後、木と少年は、幸せだったのか、幸せじゃなかったのか。

無償の愛とは

に、思いをはせる。

 

この木は、幸せだった。美しい無償の愛。

この木は、不幸だった。与えるだけの愛。

この木は、不幸でも幸せでもない。どちらでもあり、どちらでもない。与えてあげているのではない、そのままの生き方。不幸とも幸せとも言えない生き方なのか。

 

なぜ、木は話せるのだろうか。

話せなかったら、少年の考え、人間のひとりよがりの思考で話は進んでいくのかな。ひとりよがりで、勝手に木を切ってしまうのかな。

当たり前に、与え続けないことは、愛ではないのか。

受け取っていた少年が幸せでないとしたら、与えられ続けることって。

与える木が幸せでなかったら。

幸せじゃなかったとしたら、どちらも、幸せになるとしたら、どんなストーリー展開になるのか。

無償の愛は、人間の究極のゴールなのか。

そもそも幸せや愛は、ゴールではないのか。

これこそが、無償の愛なのか。

これは、無償の愛とは言わないのか。

なら、どういうのが無償の愛なのか。

あたり前が、いけないのか。あたり前に与えることが、いけないことか。

 

あたり前と思っていることの多さに気づいたり、人間のつきない欲望に気づいたり。愛とは、幸せとは。

という、深いテーマに思考が向かっていく。

絵本って、

すごい。大人も子供も、絵本で、おおいに刺激を受けよう。

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。