[ 人間関係 ]

認められたい 承認欲求は モチベーションへ

最近、人間関係が、なかなかの絡まりようで、考えさせられる毎日だ。

人同士の関係。これこそが悩みであり、感動でもあり、愛憎劇の人間ドラマと言うべきか。

誰一人として、このドラマを演じていない人はいない。

人は鏡のようなもので、同じような人が引き合い、そして激しくぶつかり合う。

ぶつかり合うもの同士、やはり似たもの同士で、そして100%自分は悪くないという主張を、お互いが通す。

客観的に見れる側は、どちらにもつけない。

なぜなら、完璧な人間なんていないから。どちらにも、必ず非があるからだ。

でも、両者、それはとても理解できるものではない。

なぜ自分の方に、味方についてくれないのか。と、今度は被害妄想にかられ、攻撃してくる。

攻撃という意識はなく、正当な理由を述べているだけ。感情的に。

お互い、自分が正しいのだ。正しいんだからいくらだって言いくるめられると意気がる。正義の感情でドーパミン放出状態。

 

でも、たいがい このように怒り狂う人たちは、承認欲求の強い、自分が大事、自分に執着するタイプ。自分を頑固に通し、周りをかき乱す。大人なのに中身が子供。見て。私を。見てくれないと不安。嫌われたくない。自分を、おとし入れようとするものは、許せない。

自信のなさからくる承認欲求。認めてもらえる自分を追い求め続ける。

 

少し前の、私だ。

だから、まるで自分の亡霊のように見える。

 

そして、今自分は、どちらにもつかない。白黒つけない、グレーゾーンにいる。

だれしも、このグレーゾーンがあるのではないか。

これを無理やり、白か黒へ導こうとする方が、よっぽど不誠実ではないか。

簡単に、あなたの側につきます。と、言わない誠実さをもちたい。

そして、認めてもらいたい欲求は、必ずある。それを、人に求めたり、向けるのではなく、
何か夢中になっていること、一生懸命になっていることに向け、モチベーションアップに繋げていけたらと思う。

きっと、モチベーションに変えていける。

楽しんで。

 

 

 

 


Reisui

秋田県在住 食べ歩きやギター 習字 英語
絵を描くこと ボランティア活動をしています
チャレンジ精神旺盛でいたい主婦です

コメントを送信する

メールアドレスが公開されることはありません。