恐怖体験からの気づき 思考力を鍛える

買い物の帰り、外に出ると雨が降っていた。家の窓を開けてきたことに気がつき、家に急ごうと車に乗り込む。娘は、助手席に乗り、私は、家の窓のことを気にしながら、ハンドルをきって駐車場から出た。

夕方ではあるが、雨も降っているので暗い。

家路を急ぎたいが、雨も降って暗いので、スピードを出さずに走る。

田んぼ沿いの直進道路。

娘は、アイドル 欅の曲を聴いていた。

直進道路、田んぼから、いきなり目の前に、動物が出てきた。

「ぎゃーーーーーーーーーーーーー!!!!!!」

ひいてしまう!!!と、急ブレーキをかけた。

が、ゴンっと、下の方で鈍い音がした。

ひいてしまった!と、感じた。

後ろに車がきていたので、その流れでそのまま進む。

「どうしよう」

ひいてしまったことが、ショックで、Uターンしてまた

ひいてしまった場所に戻る。

死んでいたら、どうしよう。娘にも、倒れた動物がいないか確認して。と、いう。

 

私も、運転しながら目をこらすが

動物がどこにもいない。

たしかにさっきの場所だ。

たぬきらしい動物が左から、車の目の前にあらわれたのに。でも、隣の娘は、右から出てきたよ!という。

なんだか、ばかされたような変な気分だ。

きっと、ブレーキをかけたので、あたりがそんなに強くなく、逃げたかもしれない。

人間の道路のルールを知る由も無い動物たちは、こうやってひかれてしまうんだな。と、思った。

人間だったら。と考えるだけで、恐怖だ。ゴンと、あたりました。では、すまされない。

感情と理論

人じゃなくてよかった。じゃあ、動物だったからよかったのか。

天地創造において、動物は人間より先につくられた。動物が人間より優先されるべきであると、ヘブライ聖書にある。

ユダヤ人なら、ホッとした私に、なぜ?の論議を繰り広げるだろうな。

ユダヤ人は、論理好きで、なんでも、なぜ?

考えること、議論することは娯楽であり、幼少期から論理的思考を養っているそう。

それは、常識に支配されないように。

私は、小学校の時、ニュースも見ない、新聞も読まない。世間に全く興味のないこどもで

その当時、英語を近所のお兄さんに、習っていた。いつも本を読んでいるそのひとは、

「 何か疑問はありませんか?  」

と、聞いてきた。学校の学習以外で、その時は、疑問に感じていることがない、思考停止状態。疑問が全くなっかった。惰性や、常識にとらわれている状態。

でも、その聞かれたことは、ずっと頭にある。なぜ、私は、考えることをしないのか。と、感じていても、惰性と、常識にとらわれ、そこから抜ける術を知らない。

 

成功者やお金持ち、弁護士がユダヤ人に多いのは、きっと、思考が、本質へと導くと知っていて、それを習慣にしている。それか、そのままの生き方なんだろうな。

 

これから、ますます国際社会で思考力は求められる。

私も、子供たちも、「なぜ?」を多方面、二次元、三次元から、考えれる思考へ。

思考力を鍛えるには
● 比較する癖をつける
● 予測をする
●自問自答する
●散歩の時間を大切にする
●長時間の音読をする

 

 

どうしても、感情に偏った考え方になりがちだが、

論理的思考、感情に左右されない思考力を鍛えていきたい。

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。