人生の扉を開くことは 心を開くこと

● あなたの内にある無限のほう この扉を開くためには、

次のように肯定する習慣を身につけることです。

「神はいま私が必要としているすべてのものを補ってくれる」

 

やがて不思議なことが起こるはずです。



● 機会が2度君の扉を叩くなどと考えるな。

ジョセフ・マーフィー
● 過去と未来を鉄の扉をとざせ。
  今日一日の枠の中で生きよ

デール・カーネギー

● 努力は全ての扉を開く

きっと人生には、いっぱい扉が用意されていて、

でも、その扉があるのに気づけなかったり、

他の扉があるのに、しまっている扉のまえで動けずにいたり。

どうしても逡巡してしまうのはしょうがない。

 

だけど、扉があるって思ったら、その扉への 好奇心と期待と不安。

ワクワクとドキドキを楽しめたら。

やってみて失敗しても、その扉はしまって開かなくても、

また違う扉がどこかにあるんだったら、

失敗は、怖くなくなる?

 

どこに扉があるか。

心を開くと見えてくる扉がある。

心をひらくってどういうこと

 

20代のころ、言われた言葉が、まだ心に残っている。

「あなたは、壁をつくっていますね」

相手に壁をつくっている。そんなことはない。私は、すぐ人と仲良くなれるタイプ。壁なんて、とんでもない。

と、そう思っていた。

 

でも、その頃の自分を、今になって客観視すると、確かに、人に嫌われたくない。恥をかきたくない。いい人、できる人に見られたい。他人に頼らず、自分でなんとかする。と、自信がないくせに、プライドが高かった。嫌なことも、我慢して、我慢することが良いことと、思い込んでいた。

今も、そういった所がないわけではないが、昔は、その傾向が強かった。

本当は、人見知りで、傷つきたくなくて、臆病なのに、精一杯頑張って、私は、人と仲良くできる。仲間をたくさんつくれる。と、小学生から、演じてたのかもしれない。

社会生活での、抑圧状態を、感じていても、ごまかして自分の中に押さえつけている。

それが、他人には、しっかり伝わっていて、壁になって見えていたんだ。

傷つくのが怖い

これが、一番大きい。

人間関係も、何かをやろうとすることも、嫌われたら、失敗したら、と。自分が傷つくことを恐れているから。

ようするに、なにかにチャレンジするときに、その結果に対して、どう反応するか。

やはり、自分だから、失敗した。傷ついたからもうやめた。

なのか、

自分は成功するに値する人間だ。失敗ではない。これはチャンスだ。次に挑戦だ。

なのか。

 

いつまでも、傷つくことにばかり怯えていると、せっかくの前進できる扉があっても、それに気づけない。

もう怯えず、扉がないかなアンテナをはっていても

いいかもしれないな。

 

子供達の、これからの未来の扉も楽しみ。

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。