[ 未分類 ]

ごまかしは大罪 ピエロの笑顔と本当の笑顔

苦しみは、容赦なく襲う。絶望のさらに深い奈落の底に落とされた。

どんなに悲惨で、惨めで、やりきれなくても。

逃げ場なんて、どこにもなくて。

探そうともしない。探すことができない穴蔵だ。

 だって、奈落の底は、私にぴったりね。

だから、穴蔵をね。遊園地にしちゃうんだ。そして、私は、ピエロになる。奈落の底のピエロ。

おちゃらけピエロ。

必死にピエロになるしかないんだ。ピエロを演じていたら、ここにとどまれるから。架空の幻想遊園地。

とどまることに、必死なピエロは、

風船をみんなに配るよ。ピエロの笑顔で。

だって、喜んでくれるんだもの。ピエロが笑っているよ。あいつは、ピエロだ。と、指をさされても演じきるしかなくて。

なんの芸だってできる。だれにも負けない。

絶対に負けたくないんだ。

絶対だよ。これだけは、絶対に崩してはいけないよ。それは頑なに守るしかない。

奈落の底に落とされた、あの悔しさと哀しさと、苦しみを、憎しみに変えて。その憎しみは、ピエロを演じることで、まぎれるから。

でないと、自分が壊れてしまいそうで。

守るしかない。

だから、必死に、演じて、自分の芸を、誰にも負けない芸を磨くの。あなたのために。

大切なあなただから。

けれど、あなたは、ピエロなんてどうでもよくて、次は何に乗ろうか。誰と乗ろうかと、胸を高鳴らせているんだよね。

だから、風船を差し出しても、あなたはそんなのは目に入らなくて、私は、また、おちゃらけながら、みんなに、愛想を振る。

だって、ピエロは、そういうもんでしょ。

そういうもんにならないといけないんでしょ。と、自分に言い聞かせて。私は、がんばるよ。あなたのために。

なんと無意味な、なんと無駄ながんばり。

私は、とっても明るいピエロになりきれたよ。

愛嬌のある、面白ピエロに

なりきれたと思うから。

ねぇ。ここは、幻想遊園地だよね。

幻想遊園地では、みんながにこにこ、私も楽しい気がして。だから、とどまるしかないんだ。

けれど、本当は、

哀しい哀しい、おかしなピエロ。

歪な形の、異様な風船を心にしまい込んだ哀しいピエロ。

あの人は、私なんて、どうでもよくて。

きっとあのことも、忘れてしまって。

私だけが、必死で守っているだけなんだよね。

みんなは、ピエロが好きだから、ピエロと一緒にいたいって言ってくれるけど、

時々、ピエロがしまい込んだ歪な形の、異様な風船が、浮き上がってくるの。

ある時、それは衝動的に、首をもたげてピエロを変えてしまう。

ピエロは、狂ったように踊り出す。ピエロが踊るその踊りは、あまりに不気味で、観ていると不快な気持ちになるんだ。みんな、怪訝な顔で、踊り狂うピエロをみつめる。みんなをただ、ただ、不快にしたんだ。

また、みんなにピエロの笑顔で、風船を配るよ。

そんなことの繰り返し。

そのうち、感覚は、鈍くなって。

何も感じられなくなるよ。

奈落の底に落とされたことも、すっかり忘れて。忘れたふりを必死にしているから、どんどん鈍くなる。 

鈍くなり過ぎると、何も見えなくなって、幻想郷でしか生きられなくなる。ピエロでしか、もう生きられないって錯覚し始めるんだ。

それは、本当は、とても罪深いことなんだ。

見えなくしているのは、誰でもないあなたで、ピエロに仕立てたのはあなたで。あの人を許せないのもあなたで。自分を許せないのも、あなたで。

その罪は、大罪なんだ。

けれど、もう感覚は鈍って、見ようとしない、あそこへ帰ろうとしないから。

そんな罪を犯してしまっていることさえ、気づかずに、ずっとずっと、永遠のループにはまりこみ、何年も、何光年も、あなたは、ループし続けてしまうんだ。

だから、しっかり見ないと

あなたは、ピエロになっていませんか。

あなたは、怖がっていませんか。

あなたは、見えていないだけ。

見ようとしていたないだけ。

怖くないから、大丈夫。

抜ける時は、いっときの辛抱。しんどいのは、少しだけ。

何光年も、ループし続け、苦しまなくて大丈夫。

気づこうとしただけで、あなたは、許される。許して。許される。

絶対に大丈夫だから。

どうか怖がらないで。

ピエロでいる必要は、ないんだから。

全ては、軽やかに明るく、白い羽根のように。

あなたは、生まれ変わる。

ピエロの笑顔ではない、本物の笑顔に、変われる日が必ず、必ず来るから。


Reisui

秋田県在住 食べ歩きやギター 習字 英語
絵を描くこと ボランティア活動をしています
チャレンジ精神旺盛でいたい主婦です

コメントを送信する

メールアドレスが公開されることはありません。