みこねこのつぶやき

太陽の光のように 

いつもあなたに

当たり前のように降り注いでいる  暖かな光

絶え間なく降り注ぐ光

それは

ピンク色の光

大丈夫 きっと大丈夫だよ

と、雲の隙間から時折 顔をのぞかせて

照らしているよ

いつでも あなたを照らしている

雲が邪魔をすることはあっても

それは 絶対で

絶対で、確かなものってすごいこと

この地上では、絶対で確かなものなんてないから

意味を見いだそうと頑張っているのはなぜか。

そんなに意味のあるものって、この世に本当にあるのか。

無意味なこの世界を受け入れられたら

さらにあの確かなものを 受け入れ 憧れ 待ちわび 信じ 進んでいく

長いのか短いのかさえわからない 不確かな道を