[ 未分類 ]

未来ある子供たちに、できること

未来ある子供達をどう導くか。

どういった環境が子供たちにとって良いのか。

そういったことを考える会議に出席することが最近多くなった。

家族というものについて

キャリア教育について

いじめについて

そういったことに真剣に向き合い、解決に向け実践している大人たちがいて、それぞれの考えを出し合い、解決の糸口などを見つけている。

学校と地域が、連携して取り組んでいるのだが、

こういった事は正解と言うものもなく、これで良い。と言う終わりもない。

継続的に、話し合いを繰り返し、常にアンテナを張って見守り、解決策になりそうな糸口をつかみ、それを話しあいで、さらに練ってしっかりと深めていく。

とくに、いじめの問題は、ここまでがいじめではない。ここからは、いじめだよ。という境界線がないため、

知らぬまに、いじめに発展してしまったりということが往々にある。

こうなると、教師の気づきがやはり重要になってくる。見過ごしてしまうことで、いじめの闇の深さが浅いか深いか、決まってしまうからだ。

アンテナを常に張っていないといけない。これは、一人では絶対に、無理で、だからこそ、学校全体での取り組みが重要になってくる。

いじめは、被害者だけではなく、加害者の方も、心に溜め込んだものを抱えている。

どちらのケアも必要で。

ケア。まずは、自分を理解し受け止め、そこから先で、ようやく相手に対しての理解に繋がるのではないのか。

人間は、陰と陽でできていて、完璧ではないため、悪い方へ偏ってしまうと、すぐにいじめになる。

いじめという闇が、すぐ隣り合わせにあることを意識していないと、知らぬ間に闇に飲み込まれてしまう。

子供たちは、そのままの感情で、毎日を過ごしている。

負の感情。あの人は、いやだ!嫌い!が、加速して、自分の考えの人。味方を増やし、攻撃する。

悪い方へ偏ったら、どう良い方へ持っていけるのか。負の感情を、どうするのか。

それを、自分の頭で考え、良い方へバランスを持っていくスキルを、身につけていかないといけない。

そのスキルは、子供たちが独自で身につけてはいけないのだ。

大人たちが、その姿を見せるなり、教えていかなければ、悪い方へ自分でバランスを崩していることにも気づけず、そのまま大人になってしまう。

子供のような大人を。


いじめのない生活とは、どんな生活?

自分の負の感情って。

相手への怒りの感情って。

を、一旦下げて根本を見つめる視点。

学校も家庭も、偏差値を上げることばかりを掲げていては、本当の教育にはなっていないのだ。

人間は、完璧ではない。誰ひとりとして完璧な人間はいない。

だからこそ、お互いで気づきあって、悪い方へいったら、良い方にと。

お互いが、バランスを取り合うような関係性が必要なのだ。

偏差値ばかりを気にかけている学校は、偏った考えの人間を製造している。

バランスの悪い人間。

秋田の学校、地域の活動では、大人たちが、しっかりと向き合って取り組んでいる。

キャリア教育も、まずは、県でしっかりと根づいている企業。どんな経営理念で、どう地域と関わっているのか。お金を稼ぐこととは。

と、いったことを、地域ぐるみで総括して学べる仕組みづくりが、子供たちのこれからに必要であるように感じる。

ネットの海では、簡単に稼げる。や、簡単にうまくいくようなサイトが横行している。そんなものに、飛びついてしまうようなことがないよう、キャリア教育は、これから重要になってくると思う。

私も、そんな取り組みの仲間の一員として、関わっていけることに、幸せを感じると共に、問題は、山積みであることにも気づかされた。

とにかく、真剣に根本を見つめ、しっかりと向き合っていくしかない。


Reisui

秋田県在住 食べ歩きやギター 習字 英語
絵を描くこと ボランティア活動をしています
チャレンジ精神旺盛でいたい主婦です

コメントを送信する

メールアドレスが公開されることはありません。