[ 未分類 ]

自己犠牲と、与えるということ。愛に辿り着けるのか。

破壊を繰り返す自己犠牲の神。

与え高め、生み出す神。

自分は、ここにいる、ここに居ていいんだ。という実感。存在価値を手にすることが、ぽっかり空いている心の欠乏感を埋めてくれる。

欠乏感とは、満たされない。欠けている。足りない。枯渇した状態。これを埋めるために、神は行動をする。

破壊を繰り返す自己犠牲の神は、自分を許さず、諦め、剥ぎ取られ、自分を犠牲にして、与え続ける。その犠牲こそが、存在価値になる。

罪と滅びから救われたように感じるには、自分を犠牲にし、差し出すこと。己が課した儀式のようなものだ。自分を信じない。神など信じないと、呪文をかけながら与えることを辞めない。それはとても簡単なことだから。与えても与えても、何も生まない。生まれない。

激しい苦しみと死。破壊を繰り返し、とどまり続ける。

与え高め、生み出す神は、

自分の能力や技術を最大限に発揮しようとする。自分を、神を信じ、何かを生み出せないか、高めていくには。と、さらなる飛躍を望み与えたい欲求を強めていく。自分を大事にし、その分視野を広げて簡単にはいかないことにも、挑戦をする。

満たされている。という感情を、もらうのではなく、自分で体得するものだと。依存せずに自分のチカラで切り開くこと。一方だけが与えたり、一方だけがもらうのではなく、お互いで、与えもらい受けるもの。

満たされ、実感し、また新たなものを生み出すチカラをさらに与えてくれる。

自分の存在を世に生み出していく。

与え、与えられ、お互いで高めていく。

そんなプロセスを楽しめる神。

破壊を繰り返す自己犠牲の神と 

与え高め、生み出す神 

孤独。

この孤独は、一生消えることはない。

どちらの神も、背負った孤独。

けれど、欠乏感は、消すことができると、教えてくれた。

答えが、まだまだ見つからない。

きっと対話だけでは、たどり着かないでしょう。とにかく、動くことにします。欠乏感はなくなりましたが、孤独の旅の答えを見つけるまで、動き続けるしかない。

わからないからこそ、面白いゲーム。

奇跡の連続の、このゲームを。


Reisui

秋田県在住 食べ歩きやギター 習字 英語
絵を描くこと ボランティア活動をしています
チャレンジ精神旺盛でいたい主婦です

コメントを送信する

メールアドレスが公開されることはありません。